シェーバーの自己処理のメリット・デメリット

シェーバーでの自己処理

シェーバーの自己処理の経験はありますか?Watch Full Movie Online Streaming Online and Download

まずは
シェーバーの基本的なお話からしていきます。

電気シェーバーと言われる
タイプのものですが、

大きく分けると
電気バリカンタイプと
電気シェーバータイプです。

どちらも構造的には同じ作りになっています。

ですが、
直接肌に接して処理するのか
アタッチメントを付けて短くするのかで
違いが出てきます。

メリット

電気シェーバーは
カミソリなどの処理とは違い
肌に負担をかけず
処理できる特徴があります。

この負担をかけずにというのは
アタッチメントを付けて
処理した場合に限ります。

直接肌や毛に対して処理する場合は、
カミソリと同じです。

イメージ的には、男性の髭剃りです。

アタッチメントのイメージは、
男性の刈り上げに使うバリカンです。

デメリット

アタッチメントを付けた場合は、
毛を短くする目的ですので
ムダ毛を見えなくするようには
処理できません。

まったく
見えなく処理するのであれば
カミソリや直接シェーバーで
毛を剃るしか方法はありません。

この場合、
肌の表皮や皮脂などを必要以上に
取ってしまうため肌トラブルの
原因になってしまいます。

まとめ

脱毛と考えるのであれば
脱毛サロンへ行くことが
最も肌に対してもよいですし、
余計なムダ毛も生えずらくなる点から
いっても良いといえます。

電気シェーバーで処理するなら
毛を短くする目的で
使用する分には問題ありません。

ですが、
アタッチメントなしで直接肌に接し、
ムダ毛を処理する際は
カミソリと同様の行為となりますので
肌トラブルにならないように注意が必要です。